HOMEお問い合わせ
  • 病院
  • 医療
  • 入院
  • 地域
  • 費用
  • 採用
  • フォトライブラリー
  • スタッフブログ

よくある質問

認知症でお悩みの方

高齢者に多い認知症(痴呆症)は、れっきとした病気です。その原因や症状は人それぞれですが、早期発見により症状が軽減する場合もあります。一日でも早い診察をおすすめします。気になる方は、認知症についてのよくある質問をご参考ください。
認知症とはどういう症状をいうのですか?

認知症の症状としてよく知られるのが「物忘れ」です。人や物事の名前がすぐ出てこないことは普通の人でもあることですが、認知症の場合は「食べたことを忘れ何度も食事をしようとする」や「家までの道が思い出せなくなる」など、社会生活を営むことに支障がでるほどの症状になります。また「物事に対する興味や好奇心がすっかり 薄れる」といったものや「ふさぎこむ」「イライラする」などの症状もあります。認 知症かどうかの判断には、専門医による適切な診断が必要です。
認知症は病気なのでしょうか?

認知症は、脳の障害によって引き起こされる病気です。大別すると「アルツハイマー 型認知症」「脳血管障害による認知症」「その他の認知症」にわけられます。回復できたり、進行を遅らせることができるものもありますが、回復手段のないものもありま す。物忘れがひどくなったり、急に身の回りのことができなくなった時には、歳のせ いなどと決めつけずに、まずは病院に相談することをおすすめします。
歳をとると必ず認知症になるのでしょうか?

厚生労働省によると、介護保険の要支援・要介護1〜5認定者のうち、約半数に何らか の認知症の症状があるとされています。もちろん症状の程度差もあり、一概にそうと は言い切れない部分もありますが、年齢とともに認知症になる可能性が高まるのは 確かのようです。
認知症はどのように治療するのですか?

まずは薬の投与が基本となります。そのほかに症状を回復させたり、身体機能を維持させるためのリハビリテーションを行います。症状によって患者さまに施す治療はさまざまです。
家族はどのように対応すればいいのでしょう?

認知症の患者さまは、ご家族や介護者の方がどのように接するかが症状に大きく影響を与えます。とはいえ認知症の患者さまをケアすることは、たいへんな苦労をしいられます。国見ヶ丘病院では、介護サービスの利用方法や認知症の症状などのご相談に 対し、専門のスタッフが適切にアドバイスいたします。